Top:プリオシン海岸



皆既月食と小惑星ベスタ

2000年07月16日 20時-01時台



皆既食の月



今回は アニメーション 静止画 です。(140kb)


 今ページの下で画像を読み込んでいますから、その間に解説を読んで下さい。アニメーションの場合、読み込みにしばらく時間がかかります。「星の旅」ロゴか黄色文字の「天文現象」をクリックすると画像にジャンプします。


天 文 現 象


皆 既 月 食

 今回は皆既日食の紹介です. 2000年に最良と言ってよい好条件の皆既月食がありました。皆既の継続時間は1時間47分にもなり、欠け始めから終わりまでのほぼすべての経過を見ることが出来ました。また今回は小惑星ベスタが月の近くで見られたので、後でお話します。



影の区分 地球より太陽の方が大きいから生じる   本影と半影 どの影の部分を通過するかによりいろんな月食が生じる


 月食には本影と半影とがあって、本影とは地球の影の部分で、半影とはその影の周りに薄暗い影が生じている部分です。これは対象となる物体よりも大きな光源で照らしたときに生じます。今すぐ実験できますよ。蛍光灯の下で何かの影を白紙に投影してみてください。今回はこの本影の真ん中を満月が通過するために最良の条件と言えます。光の屈折や拡散の影響により、本影に入っても上の写真のように赤銅色に見えていて、本影の中心になるほど暗く見えることになります。なぜ赤みがかるかと言えば、赤い光は他の色に比べて波長が長いために届きやすいのです。


皆既月食の連続写真

 地球の影は満月のほぼ3倍の面積があります。この食の連続写真を見ると、影の大きさがよくわかります。地球の半分の影が見えますね。そんなわけで日食にあるような金環月食というものはないんです。月食は普通半影を対象にしませんが、半影にしか入らなかった月食を半影月食と呼びんだりします。話題にもなりませんし、実際そう言われて見てもどこに影がさしているのかわからないでしょう。

太陽・地球・月の位置関係

 まずは天体の位置関係を見ます。右図がちゅうど皆既中の太陽・地球・月の位置関係です。地球の影は太陽とは正反対側に生じるので、満月の時にしか月食は起こりません。年に1回から2回月食は起こります。満月のたびに月食が起こらないのは月の軌道面(白道)と地球の軌道面(黄道)が平均5°9′傾いているためです。また、月食は地球が丸いという説の証拠を肉眼で確かめる絶好の機会でもあります。影の濃さにより地球の大気の汚れ具合を知ることもできるんですよ。もちろん暗いほど汚れていることになるわけです。

 さて、前置きが長くなりました。月食は南の空低くで始まります。南の空では蛇使い座が大きく広がっていますが、その後から蠍座や楯座が現れ、射手座に従って月が昇ってきます。月は地球の周りをまわっているので、欠けるのはいつも左側からということになります。地域によって異なりますが、ここ三重では午後9時頃から始まります。長い月食ですので、夜食でもとりながら目と舌で楽しむのがいいかも。皆既中の月のすぐ下には小惑星ベスタも見えています。



小惑星ベスタ


 この日は月のそばに小惑星ベスタ Vesta(4)があります。7月17日に衝となり見るには絶好の時なのです。なぜ衝の時期がよいのかについては「衝の木星」のページを見てください。ベスタは皆既食の終わり頃には約2度まで接近し、5.4等級ですから、肉眼で確認することができます。月のすぐ下に見える周辺でもっとも明るい星がベスタです。下のアニメーションにもその位置を示したましたから、ぜひ見てください。見ようと思わないでも、月を見ていたらもうあなたの網膜には映っているのです。

 小惑星とは何?という方に少し説明します。火星と木星との軌道の間に数多く存在している小さなというよりは微小な惑星を言います。1801年にケレスが発見して以来、1999年末までに約1万3千個足らず発見されています。でも、すべて軌道がわかっているわけではなく、また暗い星ばかりなので、10個ぐらいしか望遠鏡では観測できません。一番大きいのは最初の発見となったケレス Ceres(1)で直径は約1000kmです。大部分は100km以下だと言われています。よく知られている小惑星には他にパラス Pallas(2)とかジュノー Juno(3)があります。名称の後の番号は発見順です。この4小惑星は天文年間に軌道が掲載されていますよ。他にもいくつか載せられていて、ナウシカ Nausikaa(192)というのもありますね。買わなくても、書店で立ち見して見てください。

 ベスタはハッブル宇宙望遠鏡で撮影されたことからかなり情報が増えました。およそ580kmの直径で5時間20分近くで自転しています。軸の傾きは地球と同じぐらいということです。ベスタの南極付近に大きな凹地があり、直径460km、深さ13kmにも達し、平均7kmの高さの外輪と、高さ13kmの中央丘があります。とてつもなく大きなクレーターです。これは他の天体が衝突して生じたものと考えられていて、小惑星帯の中にはベスタと同じ性状の直径5kmから10kmぐらいの小惑星も20個以上発見されています。これはベスタに天体が衝突した衝撃で飛び出たのだと考えられるわけです。地球の隕石の中でこのベスタから飛来したと推測されるものは「HED隕石」と呼ばれています。遠くの小さな星でも天体はいろいろと連絡を取り合う手段を持っているものです。これは近年、生物の進化論にも大きな影響を与えていますよね。はるばると旅してくる隕石を想い描きながらベスタを見るのもまた一興。



画像の見方


 画像下欄左に時刻が表示されます。右に経緯度が表示されます。観測地を三重県で表示していますので、あなたの居住地との経度のずれにより時刻を考慮して下さい。経度が東に1度ずれると4分早まり、西に1度ずれると4分遅くなります。
 アニメGIFの場合、読み込みと平行して表示していきますが、すべて読み込み終わった段階、つまり2巡目の表示になってはじめて正しい時間間隔で表示されることになります。1枚目には下欄に「START]が、最後には「END」が表示されるので目印にしてください。
おおよそ(分) 那覇-36 佐多岬-24 宇和島-16 倉敷-12 東京+12 花巻+18 旭川+23








皆 既 月 食

2000年07月16日 20時-01時台



このページのトップに跳びます



サイトトップへ