Top:プリオシン海岸




千年王国と冬の大三角

2000年1月1日



今回は アニメーション と 静止画 です。


 今ページの下で画像を読み込んでいますから、その間に解説を読んで下さい。アニメーションの場合、読み込みにしばらく時間がかかります。「星の旅」ロゴか黄色文字の「天文現象」をクリックすると画像にジャンプします。


「最後の審判」 左が天国、中央は審判、右が地獄

「最後の審判」 Hans Memling 1430〜40?-1494


天文現象




 いよいよ二千年。今月は冬の代表的星座を背景にして、冬の大三角を見ましょう。夏の大三角に比べると、大三角周辺に明るい星が散りばめられているので、それほどぱっとした見物でもないのですが、一応定番ですからね。そして、二千年の始まりを記念して「ミレニアム」について考えてみます。



千年王国

 ミレニアム millennium という言葉は元号の好きな政治家まで千年紀という意味で使っていますが、本来の意味は千年王国という意味です。「ダニエル書」「第四エズラ書」「ヨハネの黙示録」にあらわれる、メシアが再臨後、最後の審判前までの1000年間治めるという地上の王国をさします。その期間を〈至福千年〉ともいい、教説を千年王国主義(至福千年説chiliasm)millenarianism と言います。中世の人々は紀元1000年がそれに当たるとして期待していたわけですが、何も起こりませんでした。むしろ、この運動はその後十字軍が始まる11世紀から16世紀の宗教改革期に光彩を放つことになります。

 千年王国主義を理論化したのは南イタリア出のヨキアム・ディ・フィオレ(1135-1202)という人物で、タボール山で聖書の啓示を受けたとも伝えられています。千年王国運動は、最終的で完全な救済が信者全体に一挙にもたらされるものとして信仰され、メシアの出現が予言された例もあり、その度に盛衰が繰り返されました。しかし、千年王国運動は革命思想を含んでおり、同時に異端でもあり、各地の革命運動に影響を与え、ヨキアムに体系づけられたこの思想は歴史とは必然から自由への過程であるという認識においてマルクスへと引き継がれることになります。ちなみにルターやカルヴィンはこの主義を弾圧する側に立っていました。千年王国主義者たちはローマ教会も宗教改革者も敵にしていたというわけです。また、ナチスの第三帝国はこの考えが背景にあったと言われています。ヨキアムによると第三番目の王国は完全なる社会なのです。

 さて、世紀の変わり目は言うまでもなく2001年だと日本人はみんな思っていますが、国によって異なるようです。千年紀となるとまたややこしいですね。ヨーロッパではやはり2000年を祝賀しているようです。バチカンも同様です。ユダヤ・キリスト教圏では歴史的に言っても、紀元千年の時に千年王国を待望していたわけですし、当然でしょう。この問題は、6世紀に時間のしきり直しをした時にまだ「ゼロ」の概念がなかったため1年から始めたことに起因すると言われています。人の年齢は0歳があるけれど、時間に0年はないんですよね。これは元号でも同じことです。まあ、今年も来年もお祝い騒ぎすればよろしい。



冬の大三角・竜座ι流星群

 今回の画像は2000年1月1日0時に大三角が南中するので、その前後の動きを見てもらいます。子犬座のプロキオン・大犬座のシリウス・オリオン座のペテルギウスが作る三角形です。ちょうど銀河の流れの中に浮かぶかたちになっています。北欧ではこの銀河を「冬の道」と呼ぶそうです。冬の空は透明度が高いし、明るい星も多いので肉眼で星空を眺めるのにもってこいです。シリウスは全天一明るい-1.5等星、北天では地球から一番近い星です。牡牛座に右肩にある和名すばるのプレアデス星団も楽しいです。双眼鏡でも楽しみましょう。

4日22時 放射点は中央地平線下

 動画は南を向いていますが、北には竜座が出ています。時間帯によっては地平線上になるので見にくいのですが、1月4日には竜座ι流星群が22時に極大になります。この時間帯には放射点が地平線下になるのですが、天頂から北斗あたりに目を向けていると見つけやすい。出現期間が大変短く、ピークは数時間ということもあるそうです。 

 風景写真を撮るなら、中旬がいいですよ。西の空で月が火星・木星・土星に接近します。地上のシルエットがいいところで撮影すると、きっと素晴らしい写真になるでしょう。



良き二千年をあなたに。




画像の見方



 画像下欄左に時刻が表示されます。右に経緯度が表示されます。観測地を三重県で表示していますので、あなたの居住地との経度のずれにより時刻を考慮して下さい。経度が東に1度ずれると4分早まり、西に1度ずれると4分遅くなります。
 アニメGIFの場合、読み込みと平行して表示していきますが、すべて読み込み終わった段階、つまり2巡目の表示になってはじめて正しい時間間隔で表示されることになります。1枚目には下欄に「START]が、最後には「END」が表示されるので目印にしてください。
おおよそ(分) 那覇-36 佐多岬-24 宇和島-16 倉敷-12 東京+12 花巻+18 旭川+23








冬の大三角

2000年1月1日



このページのトップに跳びます




サイトトップへ