Top:プリオシン海岸




クリスマス・イヴ

1999年12月24日


今回は アニメーション 静止画 です。(158kb)


 今ページの下で画像を読み込んでいますから、その間に解説を読んで下さい。アニメーションの場合、読み込みにしばらく時間がかかります。「星の旅」ロゴをクリックすると画像にジャンプします。



「生誕」 Georges de La Tour 1593-1652

「生誕」 Georges de La Tour



天文現象


 クリスマスに電飾ばかり見ている人も時にはクリスマスの星空を!パーティもいいけれど、聖書を片手にならぬ、星座早見を片手に静かな夜を過ごすのもいいのでは。ところで、クリスマスの語源は Christ's mass でキリストのミサという意味です。もともとは冬至祭で、古代ペルシャに発生した密儀宗教ミトラス教 Mithras で「太陽の誕生の日」という祝日でした。この宗教はローマ帝国内において1世紀後半から4世紀中葉まで流行したましたが、キリスト教の普及とともに衰退していきました。太陽神ミトラスとは全人類に救済をもたらし、人類の贖罪、復活、洗礼、ぶどう酒とパンの秘儀、日曜の聖日などの要素を持つものでした。当時はキリスト教と競合する部分もあったのではないかと思います。では、今回はキリストの生誕日について触れましょう。

 パソコンを使えばキリストが生まれた時の星空を見るのは簡単なこと.....とはいきません。なぜなら、いつ生まれたかわからないからです。教会ではイエスの生まれた年を紀元1年と定め、12月25日を誕生日としていますが、その根拠はどこに?......6世紀の学僧ディオニシウス・エクシグウスが「ルカ伝3章」の記述からイエスが宣教を始めたのはティベリウス帝の在位15年で、その時イエスは30歳だったとして計算したからです。では30歳であったという根拠はどこに?......当時の習慣として一人前の男として扱われるのが30歳だったからです。要するに、どうしても誕生年を決めなければならない必要があって、みんなで「これに決めーた!」とやったんじゃないのかな。

 歴史的には、新約聖書の、ヘロデ王の治世(紀元前38年から紀元前4年3月20日前後)の間に生まれたという記述と、イエスが生まれた年に国勢調査(紀元前9年から紀元前6年のいつか)が行なわれたということから、紀元前4年から6年までの間でほぼ決着している感じです。最近はクムラン Qumran で発見された死海文書の研究によりもう少し限定できる可能性が出てきていますが、「イエスのミステリー」の Barbara Thiering によると「銅の巻物」の中に紀元7年3月という記述があるようです。実際、誕生した時に羊飼いが礼拝に来ているので、その放牧時期とも合致します。しかし、これにもいろんな問題があり、実際のところはわかりません。もっと何か発見されない限り、決着はつかないでしょう。

 イエスの誕生についてはベツレヘムの星をめぐっての論争もありますね。この星が誕生日のヒントになるわけですが、クリスマスツリーのてっぺんで輝くこの星 Christmas Gold は今となっては何も語ってはくれません。

 このページは「クリスマス・イヴ」をテーマにしていますから、別の月日を見ても仕方ないので1999年12月24日を表示します。なぜ24日かと言えば、当時の一日は日没から次の日没までだったので、25日は24日の日没から始まることになるからです。だから、クリスマス・イヴニングです。生まれた場所も生誕教会が立つベツレヘム Bethlehem ではない可能性が高いのですが、この星空については「世界の黄昏」の「クムラン」のページをご覧下さい。このページではイエスの誕生日と生誕地についても考察しています。

 さて、12月は14日が双子座流星群の極大日で23日が小熊座流星群の極大日です。画像は24日の19時から5時までを表示しています。この年の23日が満月なので、東から大きな月が双子座の下に出てきます。明るい星しか見えない夜になります。そんな中、土星と木星が一際明るく輝き、4時になると明の明星(金星)も地平線から姿を現します。この夜はずっと月がお供してくれるので月や惑星を楽しみ、月明かりの下クリスマスソングでも歌ってみてはいかが。

 月夜のホワイト・クリスマス。





画像の見方



 画像下欄左に時刻が表示されます。右に経緯度が表示されます。観測地を三重県で表示していますので、あなたの居住地との経度のずれにより時刻を考慮して下さい。経度が東に1度ずれると4分早まり、西に1度ずれると4分遅くなります。
 アニメGIFの場合、読み込みと平行して表示していきますが、すべて読み込み終わった段階、つまり2巡目の表示になってはじめて正しい時間間隔で表示されることになります。1枚目には下欄に「START]が、最後には「END」が表示されるので目印にしてください。
おおよそ(分) 那覇-36 佐多岬-24 宇和島-16 倉敷-12 東京+12 花巻+18 旭川+23








クリスマス・イヴ

1999年12月24日



このページのトップに跳びます




サイトトップへ