Top:プリオシン海岸



琴座流星群と夏の大三角

1999年04月23日夜半


今回は アニメーション 静止画 です。(153kb)


 今ページの下で画像を読み込んでいますから、その間に解説を読んで下さい。アニメーションの場合、読み込みにしばらく時間がかかります。「星の旅」ロゴか黄色文字の「天文現象」をクリックすると画像にジャンプします。


天文現象


 流星とはどんな天体現象なのか知りたい人は、ペルセウス座流星群のページからご覧ください。

さて、4月は流星群がふたつあります。乙女座と琴座の流星群です。乙女座流星群は中旬が極大ですが、4月中ずっと続いています。数はごく少ないものです。そこで琴座の流星群が極大になる23日を観測することにしましょう。出現期間は16日から25日になっています。

 放射点はベガの近くにあります。ここから流星が飛び出すのですが、ここに流星が見えるというわけではないことにご注意。地球大気のどこで接して燃えるかは神のみぞ知ることですからね。そんなわけで流星の写真撮影はとても難しいものです。明るいから簡単に写りますが、偶然を待つしかない!全天をカバーする魚眼レンズとか、カメラを何台も並べるという手段はありますが。yuは昔50oという流星を撮るにはかなり望遠なレンズで白鳥座を背景に流星を撮ったことがありますが、現像して始めてわかったというような案配です。

 近くに夏の大三角が見えていますので、ついでに三星座も見ておきましょう。



画像の見方


 画像下欄左に時刻が表示されます。右に経緯度が表示されます。観測地を三重県で表示していますので、あなたの居住地との経度のずれにより時刻を考慮して下さい。経度が東に1度ずれると4分早まり、西に1度ずれると4分遅くなります。  
 アニメGIFの場合、読み込みと平行して表示していきますが、すべて読み込み終わった段階、つまり2巡目の表示になってはじめて正しい時間間隔で表示されることになります。1枚目には下欄に「START]が、最後には「END」が表示されるので目印にしてください。
おおよそ(分) 那覇-36 佐多岬-24 宇和島-16 倉敷-12 東京+12 花巻+18 旭川+23








琴座流星群と夏の大三角

1999年04月23日夜半



このページのトップに跳びます




サイトトップへ