プリオシン海岸  プリオシン通信

スーパーマン

まだマントはない


河口堰のアカエイ
河口堰のアカエイ


写真は堰の海側にいたアカエイです。海から少し距離があるので汽水域と言っていいかもしれない所ですが、珍しい。子ども時代は毎日川で遊んでいたけど、一度も見たことありません。アカエイに刺されて死ぬ人もいるとか。

エイのような軟骨魚類は体液の性質から淡水に弱いらしいのですが、川に住む種類もいるのだそうです。もちろんアカエイは海です。アジとかサバとかの硬骨魚類は海水との浸透圧の関係で脱水が起こるため、海水をたっぷり飲んでいるのだとか。エイは高い浸透圧を持っているので、その心配なし。逆に淡水に弱いわけね。

今コンタクトレンズを新調しています。これがなかなか合わない。コンタクトを使っていない人は知らないでしょうからすこし解説すると、合うまで何回でも作り直してもらえます。

医院に在庫がある時はそれでいいのですが、無いときはその度にメーカーに注文するので、1日〜数日かかります。もう4回行きました。今回作られたのも右目が合わない。

行くたびに1時間待たされ550円払います。ヤブ医者ほど儲かるのが日本の医療制度だとか言われますが、患者の視力をきちんと測れないほど、儲かることになります。医院に在庫がないと、出来上がってくるのを待って、また診察を受けることになるので、また儲かります。患者に不便を強いるほど儲かるわけですよね。これでは改善しようという意欲は湧くはずがない。

たった550円だけど、3割負担だから1840円ぐらい。少なくてもあと2回行くことになるので、合計6回。初診料も含めて考えるとほぼ1万5千円。レンズが一枚買えるぐらいになる。こうして医療費は無駄遣いされる。だったら行くなって.......(^^ゞ

一人暮らしになったらそんなに食料がいらなくなるので、スーパーに行く回数が減るかと思っていましたが、その反対でした。ほとんど料理をしなくなったので、弁当や総菜を買いにいく機会が増えてしまいました。

だいたい4つぐらいのスーパーに出掛けていますが、それぞれの店の品揃えが分かってきて、その日に自分がいる場所、冷蔵庫の在庫、舌と腹具合を考えて店をチョイスします。コンビニのおにぎりが美味しいとか聞きますが、弁当はやはり油系で健康にいいとも、美味しいとも思えない。

どこのスーパーも弁当の品揃えはよくないのですが、弁当にひとつの傾向があることがわかってきました。それは、安いところは美味い、高いところは不味い。今夜は自分がいる場所を優先したので、高くて不味い弁当です......(ToT)

ところが総菜はまた状況が異なる。「状況」というほどの話題ではないけど......(^_^) 例えばコロッケは弁当が安くてうまい店が一番高くてまずい。皆さんは僕よりもスーパー達人でしょうが、この複雑な組み合わせを遣り繰りして半年を乗り越えたら、スーパーマンになれるでしょうか。

先日行ったスーパーは買う毎に割り引きシールの大きなシートをくれます。割引する曜日と品目が多種印刷してあって、該当する曜日と品目を合わせて自分で食品にシールを貼ってレジに持っているシステムです。

僕はシートを見るとめまいするので捨てていますが、その日は該当する品目が多かったらしく、一人の女性が食品を手に取っては手早くシールを貼っていました。そういうシーンを見たのは実は初めて。

立ち止まってしばし眺める僕。あっ、見つめちゃいけないと辺りを見回すと、あっちでもこっちでも何人もの女性が同じようにシールを貼っている。ちょっと感動しました......(^_^)

やはり女性には太刀打ちできない。僕は10年経ってもできないな。生活する力というか、なんというか...... たぶん金持ちには必要のないスキルだろうけど、倹約というのは人を賢くする。僕のこれからの貧乏生活がすこし楽しくなる光景でした。

夕方はスーパーに行きましたが、7時ちょうどに「今から寿司を4割引」という店内放送が流れました。「よし、今夜は寿司」とその棚に向かったら、女性たちが群がっていて退いてしまいました。スーパーマンの道はやはり険しい。


2007-07-18

このページのトップへ


プリオシン海岸トップへ