シネマ短評




街の灯 キャバレー 禁断の惑星 ノックは無用 ベン・ハー 底抜け大学教授 雨に唄えば 勝手にしやがれ 七人の侍 イージー・ライダー ひまわり 裏窓 となりのトトロ 風の共に去りぬ



ゴーシュは町の活動写真館でセロを弾く係りでした。
けれどもあんまり上手でないといふ評判でした。
上手でないどころではなく
実は仲間の楽手のなかではいちばん下手でしたから、
いつでも楽長にいぢめられるのでした。

『セロ弾きのゴーシュ』より




プリオシン通信の末尾で書いていた映画の短評を独立させました。ゴーシュのセロのようにいちばん下手なコメント伴奏ですが、いぢめないでください。

日本未公開の新作から旧作まで、そして、傑作から駄作までコメントします。評価は☆5つ満点です。★は星半分です。評価は甘口、コメントは辛口です。

左ウインドウの原題タイトル後の( )付きタイトルは短評後に邦題が決定したものです。




サイトトップへ