「シネマ短評」のトップを表示します


2010年8月


☆☆☆☆○
瞳の奥の秘密 邦題 瞳の奥の秘密
原題 El secreto de sus ojos
制作 2009年 上映 129分
監督 ファン・ホセ・カンパネラ 地域 スペイン・アルゼンチン
久々にフランス映画を見たような気分です。ハリウッド映画のような派手さもなく、少々長尺でもあるのですが、じっくりと映像を楽しめる映画です。当初は政治的な背景が強く意識されたミステリーなのかと思っていましたが、そうではなくて描かれているのは人間の秘密です。タイトルどおり伏線をたどりながら見ていれば、宣伝されているほど意外な結末とは思えませんが、ぞっとする怖さではあります。愛という執着を狂気とラブストーリーで描いた変奏曲でしょか。


☆○○○○
アフター・ライフ 邦題 アフター・ライフ
原題 After.Life
制作 2009年 上映 103分
監督 アニエシュカ・ヴォイトヴィッチ=ヴォスルー 地域 アメリカ
タイトル通りであの世ものです。リーアム・ニーソンが出ているので、そこそこを期待して見ました。『シックス・センス』に影響を受けていることは明らかですが、話の組み立てが散漫。クリスティーナ・リッチはいつも裸一貫でがんばっているなあ......(^_^) 『アダムス・ファミリー』の時の印象のままというのはどうなんでしょう。日本未公開なんですが、まあ後悔はあっても公開はなしです。



プリオシン海岸トップへ