「シネマ短評」のトップを表示します


2010年3月


☆☆☆☆○
シャッター・アイランド 邦題 シャッター・アイランド
原題 Shutter Island
制作 2010年 上映 138分
監督 マーティン・スコセッシ 地域 アメリカ
タイトルもポスターもB級のホラー映画みたいなので見たい気がしなかったのですが、スコセッシだし、ディカプリオだし、キングズレーだし、敬遠できないなと見ました。ミステリーというよりはサイコ・スリラーっぽいので楽しい映画ではありませんが、落としどころが見事。原作がよく出来ているのでしょうが、脚本もいい出来です。それに比べると映像が今ひとつ腑に落ちないのと、不条理な結末のシーンにもうひと工夫ほしいスコセッシでした。まもなく日本公開です。


☆☆○○○
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 邦題 パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々
原題 Percy Jackson & the Olympians: The Lightning Thief
制作 2009年 上映 119分
監督 クリス・コロンバス 地域 アメリカ
ギリシャ神話ものは案外好きなので見た、今公開中の映画。ありきたりの展開、映像でつまりませんでした。このクリス・コロンバス監督のハリポタも僕は全然ダメなので、気が合わないのでしょう。ハリポタで気があった方はどうぞ。



プリオシン海岸トップへ